私は異世界に行っていたことがある。

そんな頭のおかしい経験を持つ、ごくごく普通の日本人である私、倉瀬葵(くらせあおい)。
元の世界に戻って平凡な生活を送っていたある日、事件が起こる。なんと、会社が買収されたと言うのだ。
そういうことはもっと早く言ってくれるんじゃないの!?
戸惑いの中、危険な足音はさらに忍び寄る。

もう二度と、出会うことなんてないと思っていた人たち。
傍迷惑な、『彼ら』。
なのに。

「コッチの世界でも、よろしくな? アオイ」

そう言って、彼らは微笑む。
異世界の住人が追いかけてくるとか、聞いてないけどー!?
ヤンデレ異世界人と巻き起こすドタバタ劇。

── 騙されてるって、どういうこと?


第一章

error: Content is protected !!