https://i1.wp.com/sakuramemory.com/wp-content/uploads/2019/10/467DBDD0-99F9-45A3-B897-C4E758456882.jpeg?w=880&ssl=1
メモリー

小説には長編短編がございます
タイトルからそれぞれの小説ページへ飛ぶ事ができます

想いが具現化する場所、時空幻想図書館。そこでは、本の暴走による世界消滅の危機が訪れていた。
管理者見習いのリンネは、世界の消滅を防ぐため、数々の世界を旅していく。

転生した先は、少年マンガの世界だった。
悪役なのは納得いかないけれど、今の私ならルイスを助けられる。決められた未来なんて、変えてやる!

ティア5歳。ジーク11歳の日。メルティアは告白をした。 そして時が経ち。 ティアの専属護衛として、ジークが紹介される。 ティアはその瞬間に知った。
この想いは、永遠に叶わないのだと。

アメリア・ド・ファーレストは、突如婚約破棄を言い渡される。それと同時に、アメリアは前世の記憶を思い出す。この世界は乙女ゲームと全く同じであり、アメリアはラスボス要員、悪役令嬢として生まれてしまっていたのだった。

時を超えて君想ふ (恋愛、切ない)

error: Content is protected !!