不思議の力が存在し、忌み嫌われる世界。
そこでは世界各地で天変地異が発生していた。
ごくごく普通の村娘として生活していたエイリー・ファーファイド(16)は、突然『聖女』としてお城に呼ばれることになる。
不思議の力を使うセス・エリクソンと共に王都へと向かうが、何かがおかしい。
聖女として呼ばれたはずなのに、何もしなくてもいいと。

結局、セスの進言で異変を解決する旅に出ることになるけれども、セスにも隠し事がありそう。
頭の中を疑問でいっぱいにしながらも、エイリーはセスと共に世界各地の異変を解決していくのだが……、やっぱり何かがおかしい。

思い出すのは、王都へ行く前にセスに言われた言葉。

――どうか、俺を信じて。これから先、何があったとしても、きみの運命を変えてみせるから――


error: Content is protected !!