Sponsor

6

 神官様のお遣いを終えて、帰るために城内を歩いていると、不運なことに人にぶつかった。それも、アルジールに。

 私を見たアルジールは死んだ魚みたいな目を大きく見開いて、かすかに唇を動かした。声は、出ていなかったけれど。

「久しぶり、ジル」
「どうして、ここに?」
「神官様のお遣い。もう帰るよ」

 ちゃんと、普通に会話できているだろうか。
 頬の筋肉は動いているだろうか。

 笑えて、いるだろうか。

「……明日、旅立つことになった」

 不意に、アルジールがそう口にした。

「そうなんだ……」

 なんて言ったらいいか分からなくて、私はただそれだけ口にした。
 アルジールが私を見下ろして、目を眇める。

「それだけか?」
「それだけって?」
「死ぬかもしれないんだぞ」

 ヒュッと息を飲む。視線をさまよわせて、曖昧に笑った。心を全部塗りつぶして隠すように。

「えっと、気をつけてね」

 アルジールは巨大なため息をついた。

「帰って来たら、美味しい料理食べさせてやる、とかないのかよ」

 ドキンっと心臓が跳ね上がって。でもすぐにそれを諌める。

「お城で、豪華な食事が出ると思うよ」
「あのな……。はぁ〜、もういい」

 アルジールは怒ったように眉を寄せて、ふいと視線をそらした。

「お、怒ったの?」
「ばーか」
「なっ! ジルのくせに、ムカつく」

 どついてやろうと、手を伸ばして、鈴の音のような声がそれを制した。

「あら? アルジール様?」

 ひぃっと、声に出さなかったのを褒めたい。
 私の後ろから、カツカツとヒールの音がする。なんだろう、この、浮気現場が見つかってしまったようないたたまれなさは。

 私は慌てて手を下ろして、チラリとアルジールを盗み見た。アルジールは私の後ろを見ていた。お姫様を。

「アルジール様、そのお方はどなたですの?」

 アルジールの横に立ったお姫様の美しさに圧倒される。
 う、わ。怖すぎるくらい美人。眩しい。眩しさに目が潰れそう。

「あー、幼なじみですよ」

 アルジールのその言葉に、ギュギュッと心臓が茨で縛られる。

「まあ、そうなんですの」

 お姫様は私を上から下まで眺めた。
 うぅ、見ないで欲しい。自分が恥ずかしくなってしまう。

「お名前は?」
「み、ミリア・リーベルです。名前も名乗らず、失礼しました」
「まあ、いいのよ。礼儀作法を知らないのでしたら仕方ありませんわ」

 うぐっ、強烈な一撃だ。
 素で言っているのかわざと言っているのか分からないけれど、間違いなく敵に回すのは怖い人だと分かった。

「えぇーと、すみません。私は仕事があるので、このへんで……」
「あらそうなの。引き止めちゃってごめんなさいね」

 申し訳なさそうな顔を作るお姫様に一礼して、アルジールに視線を向けた。

「じゃ、じゃあ……。その、頑張ってね、ジル」
「羊の白いやつ」
「……え」

 目を瞬いている間に、アルジールはくるりと背を向けて歩き出していた。

 なんなんだ、いったい。

 何かの暗号か?

 考えてもさっぱり分からなかった。

 結局、それからアルジールと会うことはなく、アルジールは何人かの仲間たちと旅立って行ったらしい。

 そうして、それから数ヶ月後、王都には激震が走る。

 勇者死亡、と。


Sponsor
error: Content is protected !!