Sponsor

俺様暴君幼なじみとの憂鬱な日々

『ダダッダッダダッ』

 物々しさを感じる不快な音が、静かな部屋に鳴り響く。

「う……ん。なに? うるさいなぁ……」

 もぞもぞと手を動かして、私は顔のすぐ横にあった携帯電話を引っつかみ、音を消す。そして再び目を閉じた。すぐに同じ音が鳴る。

「……うるさい」

 ただの機械音なのに、心なしかさっきより迫力が増している気がする。
 ……というか、あれ?
 私、アラームなんて、かけたっけ。今日は休日のはず。学校も休みだ。それに、この音……迫り来る暗黒を連想させる不気味な音。

「…………」

 だんだんと、頭が冴えてくる。
 鳴っていた音が止んだ。
 そして、再び鳴り響く不穏な音。

「……ッ!?」

 私は慌てて飛び起きて携帯に手を伸ばした。けれど勢いをつけすぎたのか、私の手は見事に携帯を弾き飛ばし、かわいいピンク色をした携帯はイノシシのような勢いのまま、出窓に飾られていた鉢植えにクリーンヒットをかます。

「ああああ!? 私のコレクション!」

 なんてこった。床が土だらけだ。なによりも、もうすぐ咲くはずだった桔梗がめちゃくちゃだ。

「もう、もう、もうー!」

 だれに向けてかもわからない苛立ちを吐き出しながら、私はベッドから降りて窓際へと寄る。

 ああ、かわいそうな桔梗ちゃん。そして、今日の予定が決まった。掃除だ。床掃除、ならびに土の新調。ゆっくり休めもしない、なんとも残念な休日だ。
 はぁ、とため息をついて、私の視線は土に埋もれているピンクの携帯をとらえた。

 お、音が止んでいる……。

 私はがっくりと床に膝をついて、呆然と携帯を見つめる。

 着信、何回目だろう。
 記憶にあるのは一回目、鬱陶しくて消した。二回目、気づいたら止まっていた。そして、三回目……。

 私は、ただぼんやりと携帯をながめた。

『ダダッダッダダッ』

 ヒッ、と体が震える。
 おそるおそる、床に手を伸ばす。
 土の中から暗黒の音を奏でる携帯を拾い上げ、そっと通話ボタンを押して耳にあてた。

「…………は、はい……もしもし」
「…………」
「……あ、あの?」

 反応がない。これ幸いと切ってしまおうか。
 そっと、耳から携帯を離したときだった。

「てめェ……舐めてんのか?」

 地を這うような声。魔王の化身のようだ。

「いいいいえ、舐めてません! 土はばらまかれたままです!」
「は? なんの話だ。まあいい。今から来い」
「…………は?」

 高速で目を瞬く。

「い、今から?」
「二度言わせんな」
「え、だって、今何時……」

 部屋の時計に目をやって、絶句。

 5時。

 間違いない。5時だ。ちょっと薄暗い。朝の5時か。

「や、やだよ。だいたい5時ってなに? 早すぎるよ。非常識!」
「は? 普通だろ」
「普通じゃないから! 私まだ寝てたんだけど。それに……」
「あと十分以内な」
「えっ……な、ちょっと待……」

 ブツリ。
 通話が切れた。

「…………」

 ギュゥゥと携帯電話を握りしめる。
 おのれ、城之内冬馬じょうのうちとうま

 私はチラッと、床に散らばった土を見つめた。

「……ああ、もう!」

 両手で土をすくい、鉢の中に戻す。本当はもっと丁寧にしてあげたかったけど、しかたがない。苦い思いを抱きながら、私は適当にパーカーを羽織るとそのまま家を飛び出した。

 私の家から冬馬の住む豪邸までは歩いて30分。爆走して10分ギリギリ。支度の時間をゼロにしても、間に合うかどうかわからない。

「もう、もう、もう〜っ!」

 頭を掻きむしりたくなるような苛立ちを抱えて、私は朝焼けの空の中、冬馬の自宅に向かって走った。

 そういえば、昔もこんなことがあったんだ。
 そのときは、朝焼けじゃなくて夕焼けで、冬馬の名前も家の場所も知らず、ただ闇雲に走っていただけなんだけれど。

 不思議な因果だ。

***

 走り続けて約15分。

 私の肺は限界を迎えていた。
 起きて準備運動もなしに全力疾走なんて、だらけきった私の体には負担が大きすぎる。

「う……あと、すこし……」

 もつれそうになる足をなんとか動かして、一息。
 ようやく、ようやく、着いた。
 豪邸。
 その表現がぴったりだ。西洋風に飾り立てられた外観。いかにも金持ちって感じだ。
 私は重々しい門の前に立つ。と、携帯が鳴った。着信音もちろん、悪の大王だ。

「……はい」
「入れ」

 それだけ言って通話がとぎれた。門が、自動で内側に開く。

「…………」

 おそらく監視カメラとかがあるのだろうけれど、いつも思う。こわい。タイミングがよすぎてこわい。私はおっかなびっくり足を進めた。

 普通の家とは違う、気の遠くなりそうな、なっがーい庭。少しうらやましい。季節に合わせた花がきれいに整列している。
 爆走したせいでにじみ出てきた汗を、パーカーの袖でぬぐう。暑いし、疲れたし、眠いし、いったいなにをしているのだろう、私は。

「ていうか、普通に考えてこんな時間に家に押しかけるなんて、迷惑でしょ」

 と考えてから、気づく。
 そうだった。この家の人たちは、活動時間が早いんだった。休みだろうとなんだろうと、朝の6時にはなにかしら行動しているとか、前に言っていた気がする。
 お金持ちは時間を無駄にしないとか聞いたことあるけど、それだろうか。
 とにもかくにも、私には考えられない生活スタイルだ。私は休みならお昼過ぎまで寝ていたい派だ。これから起こる疲労の一週間のために、寝溜めをするんだ。

 入口の門をくぐってから数分後、私はやっとこさ豪邸の前にたどり着くことができた。すぐ近くまで来ると、よけいにデカい。首をそらして見上げなければ、てっぺんが見えない。
 私は玄関の前で一呼吸おくと、人差し指をチャイムめがけて振り上げた。

「……おせェ」

 指がチャイムに到達する前に、玄関があいた。
 さらさらの黒髪に、凛々しくつり上がった目。無駄な肉のない上品な顔が、不機嫌そうに眉を寄せて玄関から顔を出した。

「と、冬馬……」
「10分」
「む、無理だよそんなの! ほんと最低! 信じらんない! このうんこ野郎!」
「おまっ……あいかわらず口調最悪だな」
「あんたに言われたくない!」

 呆れたような顔をする冬馬を睨み据える。
 こんな朝っぱらに呼び出すような男に、口調がどうとか言われたくない。

「おまえ、学校じゃ、庶民にはみえない品行方正な淑女、だもんな」
「そ、それは……そうしないと、あの学校じゃ生き延びられないんだから、しかたないじゃない」

 そう言うと、冬馬はふんと鼻を鳴らした。

 私と冬馬の通う学校、私立城之内学園。
 学力、スポーツ、指導者、設備、なにをとっても文句のない学校。ただし、学費が馬鹿高い。庶民には到底縁のない学校である。
 そして優雅なお金持ちは庶民を嫌う。嫌うっていうのは正しくないかもしれないけれど、とにかく自分たちとは毛色が違うと本能でわかるのか、距離をおかれる。そして目をつけられたら最後、それはそれは悲惨な末路をたどるという。考えただけでぞっとする。

 だからこそ私は、なんとしても金持ちに馴染むべく、言葉遣いに気を使い、身なりも立ち振る舞いも気をつけている。勉強は常に上位。それが、特待生であるための条件だからだ。

 学校での私、天塚結衣菜あまつかゆいなは、品行方正、礼儀正しく明るい、完璧な淑女となっている。おかげで学校に馴染めているし、まあ疲れるけど明るい未来のためだ。なにも文句はない。学校生活もそれなりに楽しい。

 そう、……この男さえいなければ!

 私はキッと目の前に立つ顔だけ男、城之内冬馬を見上げた。

「なんだ、その顔」
「別に。それでなんの用?」
「俺じゃなくて、親父がおまえに用があるんだと」
「……おじさまが?」

 なんてこった。どうしてそれを早く言わない。寝巻きにパーカーなんていう、淑女にあるまじき格好で来てしまったじゃないか。

「ど、どうしよう冬馬! こんな浮浪者みたいな格好じゃおじさまに会えないよ!」
「わかってるっつーの。だから早めに呼んだんだろーが。いいから来い」

 冬馬はアゴで家の中を示すと、少し大きく扉をあけて私をうながした。

「お、おじゃましまーす」

 豪邸に足を踏み入れる。玄関で靴をぬいで、お客様用のこれまたふわっふわの豪勢なスリッパをはく。そして冬馬のあとを追った。

「つーかおまえ、なにその手」
「手?」

 私は自分の手を見る。わお。手が土まみれ。そういえば、手づかみで土を触ってそのまま来たんだった。

「ああ……鉢植えが倒れちゃって」
「ふーん」

 聞いといてそれか。嫌なヤツ。

「というか、おじさまなんの用なの?」
「知らね」
「えっ」

 そこは聞いとけよ。本当に使えないヤツだな。私はじっとりと冬馬を見た。

「親父、なんでかおまえがお気に入りだからな」
「……そ、そう?」
「でなきゃ、わざわざ俺と合わせたりしねーだろ」

 そうだった。

 それが、私の運命を狂わせたんだった。

 私立城之内学園。
 なにを隠そう、冬馬のお父さん、城之内治仁じょうのうちはるひとが理事長を務める学園だ。
 そして、私が無事に特待生として入学をしてしばらく経ったころ、理事長室に呼び出されて無理やり出会わされたんだ。この城之内冬馬と。
 冬馬は私のひとつ上で、なんというか、「学園のわからないことはこの愚息に聞きなさい」ということだった。なんとまあ、ありがた迷惑。
 しばらく興味なさそうにそっぽ向いていた冬馬が、おじさまに言われて気だるそうに私に視線を向けて、驚いたように目を見張った。そして、小さな声でつぶやいた。

「ゆいな……?」

 と。

 私の記憶も急速に呼び覚まされた。

 悲劇のはじまりだった。

「ま、でも親父に引き合わされなくても、いずれ会う運命だっただろ」

 そんな運命は嫌だ。

「俺たち、幼なじみ、だもんな?」

 ニヤリと冬馬が笑う。

「…………違うし」

 ぼそぼそと、小さくつぶやいた。

 私には幼なじみがいた。

 昔仲の良かった、トーマくん。

 どこのだれかなんて知らない。
 毎日つまらなそうにぼんやりと公園を眺めているのが気になって、声をかけた。

「一緒に遊ぼうよ」

 と。

 対するトーマくんの返事は「やだ」。
 理由はなんと、馬鹿が移るから。

 最初は意味がわからずぽかんとしていたけれど、意味を理解したら腹が立ってきて、ムキになってつかみかかって、逃げるトーマくんを鬼の形相で追い回した。
 最終的に、ふたりで大きな木のそばに座りながら、トーマくんの難しい話を聞いた。
 あんまりにも難しくてわからなかったから、私は木の棒で地面に絵を描きながら、わかったフリをして「ふーん」とうなずいていた。

「どうして公園を見てたの?」
 と聞いたら、トーマくんは「別に」と答えた。
「友達いないの?」と聞いたら、トーマくんは顔を真っ赤にして怒った。きっと、図星だったからだろう。

 だから私は、

「じゃあ、友達になろうよ」

 と言ったのだ。

 子どもとは恐ろしい生きものだ。無知は身を滅ぼすとはよく言ったものだ。
 そして私は言ってしまったのだ、

「小さいころからの友達ってね、幼なじみって言うんだって」

 と。

 トーマくんは少し嬉しそうにした。そんな顔すると思わなかったから、私も嬉しかった。

 それからたまに、公園で一緒に遊ぶようになった。たくさん話したし、たくさん喧嘩をした。なんといっても、トーマくんはやたらと難しい話をするから、私にはチンプンカンプンだったのだ。勉強嫌いの私に勉強の仕方を教えてくれたのもトーマくんだ。

 だけどある日、トーマくんは突然公園に来なくなった。
 何日も何日も待って、数週間が経ったころ、トーマくんはピカピカの黒い車に乗ってあわられた。
「もうココには来れない」
 と、それだけを言って私の前から消えた。
 たくさん泣いた。きっとあれは、私の初恋だったのだろう。

 もう二度と、トーマくんには会えないのだと思っていた。

 のに。

 チラリ、視線をあげて冬馬を見る。

「なんだよ」
「……なんでもない」

 あのトーマくんは、とんでもない俺様暴君になってしまっていた。いや、もとからその気配はあったけれど、なんか、いろいろと残念だ。顔はいいだけに余計残念だ。

「それにしても、あの結衣菜が淑女とは……」
「なに。悪い?」
「いや? 般若のような形相で俺をど突いてきた女が淑女とか、世の中はほんと、おもしろいよな」

 冬馬は馬鹿にしたように笑った。

 そう、これだ。冬馬はトーマくんであり、品行方正な私ではない、本当の私を知っている。私はなんとしても、今のイメージを死守したいのだ。
 学校は問題を起こさず穏便に過ごしたい。私には夢があるのだから。退学とかになったら困る。とっっっても、困る。

「だれにも言わないって、約束でしょ」
「ああ。言わねえよ」

 冬馬が、笑う。あざ笑うような、嫌な笑みだった。

「結衣菜が、俺の言うことを聞いてる間はな」

 静かに、唇をかむ。

「ほんと、うんこ野郎ね」
「おまえの口の悪さも大概だろ」
「私はいいの」
「は?」
「私は庶民だし、卒業さえしてしまえば、今みたいな生活もなくなるし」
「…………」

 冬馬は黙って目を細めた。
 そして数泊ののち、口を開く。

「でも俺たち幼なじみだろ」
「は? それがなに?」

 冬馬は小さく舌打ちをすると、大股で歩き出した。

「ちょ、待ってよ!」

 何回か来たことあるといっても広い家だ。まだ構造を把握できていない。

「もう〜! ほんと、あんたって最低!」

 先を行く背中に向かって叫ぶと、冬馬はチラリと視線を後ろにいる私に投げかけ、苛立ったように目を細める。

「この通路の右」
「え?」
「風呂」
「……は?」

 風呂? 風呂がなんだ。まさかお風呂に入りたいと?

「おまえ手、汚ねえから」
「えっ、わ、私? や、やだよ。手なんか洗えばきれいになるって」
「めんどう」
「なにそれ」

 なぜ手を洗うのがめんどうなんだ。この男の考えは理解できない。

「人の家のお風呂とか、なんか落ち着かないし」
「一流ホテルに来たと思えばいい」
「…………」

 ……く、言い返せないところがまたムカつく。たしかにこの豪邸なら、三つ星ホテルくらい立派なお風呂がありそうだけれど。

「で、でもやだ」

 首を振り続けると、冬馬は疲れたようにため息をついた。

「おまえ、走ってきただろ」
「え? うん。うんこ冬馬が無茶振りするから」

 うんこ、と言ったら冬馬は嫌そうに目を細めたけれど、そこには触れずに少し先にあるこれまた豪勢な扉アゴでを示した。

「汗かいただろ。髪も乱れてる。いいのか? 淑女がそんなんで」

 カァッと顔が熱くなって、慌てて髪を整える。

「お、お風呂、お借りします……」
「おう」

 それだけ言うと、冬馬は歩き出した。
 私はさっき冬馬が示していた扉の前で止まり、少しだけ緊張しながら扉を開いた。

「し、失礼しまーす」

 だれもいないことを確認して、ほっと胸をなでおろす。万が一おじさまと鉢合わせでもしたら、気まずいことこの上ない。
 とりあえず広すぎる脱衣所に脱帽した。何人ここに入れるだろうか。十人は余裕だろうか。
 次に浴槽の扉に手をかけて、おそるおそる開く。

「なっ……ひろっ!」

 どう考えても家についているお風呂の広さではない。しかも、ヒノキ風呂だ。なんて贅沢な。それにしても……。

「ミスマッチすぎる」

 家の造りは思いっきり西洋風なのに、お風呂ヒノキって、よくわからない。
 まあ、細かいことは気にしてもしかたがない。おじさまの呼び出しってことは、もしかして私の素行に問題があって、その注意とかかもしれない。生活態度? 外見? 頭脳?
 わからないが、とりあえず学園にいる女生徒たちのように上品にならなければ。私は体に髪に、隅々まで磨きをかけた。

 そして、せっかくのヒノキ風呂を存分に堪能し、浴室から出る。脱衣所には、真新しい服が置かれていた。

「…………」

 準備、よすぎじゃないか?
 白の上品そうなワンピース。いかにもおじさまが好きそうな感じだ。いや、本当はどんなのが好きなのか全く知らないけれど、イメージだ。見た目ダンディなおじさまが好きだと嬉しい、私の勝手なイメージだ。
 とりあえず袖を通す。ぴったりだった。

「ドライヤードライヤー、と」

 探してみるけどない。しかたなく私は脱衣所から出た。

「上がったか」
「冬馬。待ってたの?」
「迷子になるとか喚くからな」
「こんな広すぎる家、覚えられないよ」

 そもそも、覚える気もない。できれば私は、とっととこの男と縁を切りたいのだ。
 深入りしたって、いいことなんてなにもない。

「ねぇ、ドライヤーないの?」
「ある。とりあえず俺の部屋」

 言われるままに冬馬について行く。朝っぱらからなにをしているんだろう、本当に。

「ねぇ、おじさま怒ってた?」
「は? なんで」
「だって、私に用なんて……どう考えても学校生活のことでしょ」

 むしろ、それ以外に接点がない。

「いや、違うんじゃね?」
「えっ」
「そこは公私混同しねえだろ。学校生活のことなら、理事長室に呼び出せばいい」
「えっ、じゃあなんで?」
「だから知らねえって」

 本当に使えない。

「じゃあ、おじさま個人的に私に用があるってこと?」
「たぶんな」

 なんてこった。個人的に用事? 全く心当たりがない。

 冬馬の部屋について、なぜかいろいろ備えられていた用具で顔と髪を整える。淑女だなんて楽じゃない。でもあの学園の女の子たちは、みんなこういうことを当たり前のようにしているのだろう。
 単純に、すごいと思う。そして努力家だ。私は嘘に塗れた努力しかできない。

 適当にくつろいでいると、部屋がノックされた。冬馬が腰を上げて、扉を開けて応対する。

「親父が呼んでるってさ」

 私が来たこと伝えていたのか。
 私は戦場へと向かうような気持ちで、キュッと顎をあげた。背筋を伸ばして、優雅に歩く。
 部屋を出て、おじさまの待つ応接室へと向かった。

 私と冬馬が応接室に着いたときには、もうおじさまはいた。さあ、なにを言われるだろうか。

「やあ、結衣菜ちゃん、久しぶり。元気だった?」
「はい、お久しぶりです。理事長」
「やだなぁ、そんな他人行儀な。ここは学園じゃないんだから。まあ座って座って」

 うながされて座る。もちろん、背すじはピシッと伸ばす。

「学校はどう?」

 きたっ。やっぱり学校の話か。冬馬め。まったくあてにならない男だ。私は一緒となりに座る冬馬を見やって、おじさまに向き直る。

「とても楽しく過ごしていますよ」
「そっかそっか、ならよかった。なんでかうちの学校、特待生を入れてもみんな転校して行っちゃうんだよねぇ」

 ……そりゃあ、そうだろう。

「それであの、私に用とは?」

 私は正面から斬り込んだ。おじさまはそうだそうだという顔をして、胸ポケットからなにかを取り出した。

「そうそう。これ、結衣菜ちゃんにあげようと思って」

 おじさまが手にしているのは、紙切れ。なにかのチケットのようだ。

「結衣菜ちゃん、最近新しくできた植物園知ってる? そこの招待券もらったんだけど、僕は時間が取れそうもなくてね。結衣菜ちゃんなら、こういうの興味あるかなと思って」

 そう言って、治仁おじさまは二枚のチケットを差し出してきた。

「え……ありがとうございます」

 とりあえず受け取る。
 私は要件を聞いたはずだったんだけど……。
 頭の上に疑問符を浮かべていると、おじさまがスーツの袖をまくって、腕時計を見た。

「あ、じゃあ僕そろそろ仕事だから」
「えっ」

 ま、まさか。
 このためだけに、朝っぱらから呼び出した、と?

 顔に出ていたのか、おじさまは眉をハの字に下げて子犬のような顔をした。

「ごめんね、結衣菜ちゃん。どうしても直接渡したくて、こんな時間になっちゃったんだ」
「いえ……おじさま、お忙しいですものね」

 にこり、と学園用の淑女スマイルを作る。

「結衣菜ちゃんならそう言ってくれると思ってたよ。ああ、そうだ。せっかくだからごはんでも食べていきなよ」
「えっ? いえ、いいですいいです。どうかおかまいなく……」

 お願いだから変なこと言わないでぇええ!

「ほら、冬馬。結衣菜ちゃんをエスコートしてあげなさい」
「はいはい」

 疲れたようにソファから立ち上がった冬馬が、優雅な動作で私に手を差し出してくる。

「お手をどうぞ?」

 顔と言動が妙に合っていて、カッと全身に熱が登る。

 いらないと突っぱねたいところだけれど、おじさまが見ている手前、そうもいかない。私はゆっくりと冬馬の大きな手に、自分の手を重ねた。

「ありがとうございます……」

 ニヤリ、冬馬が笑う。
 こいつ、馬鹿にしてるな。
 息子の行動が嬉しかったのか、ウンウンと満足そうにうなずいているおじさまに見送られながら、私たちは部屋をあとにした。

 とりあえず冬馬の部屋に向かうこと数分。
 私は見えてきた部屋に、身を隠すようにして飛び込んだ。扉が閉まり、私と冬馬は肩を並べたまましばらく沈黙した。

「……ねえ」
「あ?」
「用って、これだけ?」
「みたいだな」
「……いや、嬉しいよ? ここ、私が行きたかったところだし、すっごく嬉しいよ? でもっ!」

 私は胃に溜まっていたモヤモヤを爆発させる。

「今じゃなくてよくないっ?」

 冬馬はしばらく黙ったのち、悟った顔をして数回うなずくと、ポンポンと私の肩をたたいた。

「人生そんなもんだ」

 その言葉に、私の中の堪忍袋の緒が音を立てて切れた。

「私はあんたたちの下僕じゃなーーい!」

 ブン、と両手を振り回して苛立ちをぶつける。

「うおっ!? 危ねえな」
「もういいっ、寝る!」
「……は?」
「冬馬出てって! お昼過ぎに起こして!」
「いや待て。寝るって俺の部屋でか? それは……マズいだろ……いろいろ……」
「変なことしたらアイアンクローするからね」
「いや、結衣菜の力じゃ大して痛くな……って、そういう問題じゃねえよ」
「なら口きかない」

 ベッドに近づきながらそう言うと、冬馬が黙り込んだ。不思議に思って冬馬のほうに顔を向ける。冬馬は叱られた子どもみたいな、なんとも言えない表情をして突っ立っていた。

「えっ、ごめん。傷ついた? 冗談だよ、冗談」
「なんだよ、冗談かよ……」

 冬馬が、ホッとしたように息を吐く。
 不覚にも、胸の奥がキュンとした。

 って、冬馬相手にキュンとするとかありえない。

「や、やっぱり客室にする!」
「いや、いいけど……本気で寝んの?」
「寝る」
「朝だぞ」
「朝から疲れたからもう夜と一緒」
「屁理屈だな」

 おかしそうに笑う冬馬からふいと顔を背けた。

「もう朝飯できるけど、いいのか?」
「…………いる」

 走ったからお腹すいたし、なにより。冬馬の家のご飯はとにかく豪勢なのだ。一流レストラン並だ。
 私はのそのそと起き上がった。

「寝すぎても頭が馬鹿になるって言うしな。それ、行くか」
「……それ?」

 冬馬の視線は、おじさまからもらったチケットに向いていた。

「え、冬馬と?」
「……なにか言いたそうだな」
「やだよ。ひとりで行きたい」

 キッパリと断ると、冬馬はひくりと頬を引きつらせた。

「いいのか、言いふらしても」
「なっ……」
「俺はどっちでもいいけど?」
「……っ、あんたって、ほんと最低!」

 冬馬がニヤリと笑う。

「結衣菜は俺の幼なじみだろ?」
「そういう問題じゃなーいっ!」

俺様暴君幼なじみとの憂鬱な日々

『小さいころからの友達ってね、幼なじみって言うんだって。ずっとずっと一緒にいられる、特別な存在なんだって』
『ずっと?』
『うん、ずっと』

『だからね、今日から私たち、幼なじみだよ。ずっとずーっと、一緒だよ!』


Sponsor
error: Content is protected !!