Sponsor

「きゃ……!」

 乱暴に馬車から引きずり出されて、放り捨てるように投げ出された。むき出しのゴツゴツとした岩が突き刺さる。

 リリアは顔を上げて辺りを見回した。人の住むことのできない、山の入口だ。まさか、ここで生活しろとでもいうのか。

 リリアが立ち上がったときには、もう馬車は走り去っていた。

「待って、待って……!」

 伸ばした右手が、頼りなく下がっていく。うつむいて、強く唇を噛んだ。ポタポタと、雫が地面に落ちて小さな丸い円を描く。

 こんな場所で、生きていけるはずがない。
 国外追放なんて名ばかりで、面倒だからその辺で野垂れ死にしてくれと言わんばかりだ。

 ここがどの辺なのかも、リリアにはよく分からない。どれくらい歩けば人がいる場所に着くのかも。人がいるところに着いたとして、普通に暮らせるのかも。
 
 目の前は真っ暗だった。絶望だけが寄り添ってくれる。ちっとも、嬉しくはないけれども。

「ぅ……どうして……どうしてですか、殿下……どうしてなの、シルカ……」

 リリアはその場に膝を抱えてうずくまった。
 そうして、首に付けられているチョーカーに手を伸ばす。中心に七色に輝く石のついた、聖女の証だ。
 神の媒介のためのものだと、リリアはそう教わった。

 けれども、リリアに祝福の力はなかった。

 いいや、もっと正しく言うならば、リリアは祝福の力を確かに持っていた。使ったことがあるのだ。手から、神々しい光を出した。だから聖女として認められたのだ。

「こんなもの……っ、もう、いらないっ……」

 ガリガリと細い指先でチョーカーを取ろうとする。でも、外れることはなかった。繋ぎ目もない。リリアの首にピッタリとくっついているみたいに、離れてはくれない。

「どうしてなんですか……? どうして、力を貸してくれなかったのですか……私は、何のために、あなたの媒介に選ばれたのですか」

 泣きながらそう尋ねてみるも、返事はない。
 もう声も聞こえない。聖女ならば聞くことができるという、神と呼ばれるものの声も。

 膝を抱えたまま、ただ嗚咽を漏らして泣いていると、ガラガラと車輪の音が聞こえた。リリアはふと顔をあげる。

「馬車……?」

 遠くに、漆黒の馬車が見えた。ずいぶんと立派な馬車だ。真っ直ぐにリリアのいる方向へと向かってくる。
 このままでは引かれてしまうと思ったリリアは、立ち上がって端に避けた。

 そして、馬車が過ぎ去るのを待とうとしたが、馬車はピタリと走るのを止めた。リリアの目の前で。

「え……?」

 馬車の扉が開く。中にいたのは、ピシッと乱れなく執事服を着こなした、男の人だった。メガネをくいっと押し上げ、リリアを見る。

「遅れて申し訳ありません、リリア様」
「だ、誰、ですか……?」
「あなたを匿うよう、命を受けました。クヴィスリン宰相は、あなたこそ本物の聖女だと思っております。さあ、お手を。お屋敷にて、あなたの保護をいたします」
「クヴィスリン宰相様が……?」

 リリアは少しだけ動揺した。

 ルーザー・クヴィスリンといえば、この国の宰相を務める男だ。ふくよかなおなかと、立派な白いヒゲが印象的である。リリアは数回会話をした程度だ。
 それに、ルーザー・クヴィスリンは、リリアが聖女になったばかりのころ、王太子に要注意人物と言われた名前だった。

「……あの、私は国外追放となった身です。私を匿ったりなんてしたら、クヴィスリン宰相様にご迷惑がかかってしまいます」

 リリアは小さく首を振った。単純に、申し訳ないと思ったのだ。馬車を飛ばして来てくれたことは、とても嬉しかった。
 王太子は要注意人物と言っていたけれど、リリアから見れば救世主だ。

 でも、だからこそ、そんな救世主の足枷になってしまうのは嫌だった。

「……ですけれど、あの。すごく図々しいのですが、どこか……人のいる場所まで送っていただけないでしょうか? お礼は、いつか、ちゃんと、しますので……」

 リリアは情けなく眉を下げて笑った。人がいる場所にいけたなら、今の絶望的な状況からほんの少しだけ救いが見える。
 クヴィスリンの使いだという男は、目を細めてメガネを押し上げる。

「あなた一人で生きれるとでも?」
「が、頑張ります」
「それは不可能でしょう。厄介者を雇う店などあるはずがない」
「……他の、国とか」
「入国許可が降りるとでも?」
「小さな村ならたぶん……」
「小さな村のほうが結束力が高い。よそ者を歓迎するとは思えませんね。今のあなたは、どこの国の土地でもない、こんな人が住めない山しか行く場所がないのですよ」

 リリアはぐぅのねも出ないほど返り討ちに合う。ついに黙ってしまったリリアに、白い手袋がされた手が伸ばされる。

「安心してください。クヴィスリン宰相はあなたこそが聖女であると。あなたの名誉を、きっと取り戻してくださるでしょう」
「どうして、そんなことを……?」
「あなたの奇跡を、その目で見たからでしょう」

 リリアは迷った。この手を取ってしまっていいのか。迷惑をかけてしまわないか。

「あの、私は何をすればいいのでしょう……?」
「何も。ただ、少々窮屈な生活を送っていただくことにはなりますね」
「窮屈、ですか?」
「はい。外に出ることは、叶いませんので」

 リリアはなるほどとうなずく。国外追放となった女が、ふらふらと出歩けるはずはない。
 でも、本当にいいのだろうか?
 今のリリアは祝福の力が使えない。国一番の爆弾を背負うなんて、宰相は何を考えているのだろうか。

 リリアの迷いを感じ取ったのか、目の前の男はニコリと優しく微笑む。

「遠慮することはありません」
「ですが……。ご迷惑では、ないでしょうか?」
「もちろん。さあ、お手を」

 差し出された手を、リリアは迷った末につかもうとした。右手を伸ばし、重ねようとしたその瞬間。

「あーっ、ちょっとちょっとー。勝手なことされると困るんですけど」

 少し陽気な男の人声が響いた。山の、少しだけ張り出したところに、誰かが、いる。太陽が眩しくて、リリアは手をかざしながらその人物を見ようとした。

「手ェ出さないでもらえますかね? ソレ、もうウチのもんなんで」

 太陽の光が遮られたことで、少しだけ顔が見える。飴色の髪に、ハシバミ色の瞳。ふわっふわのくせ毛が風で揺れていた。

 その男は、ニヤリと悪い顔で笑いながらリリアを真っ直ぐに見ていた。


Sponsor
error: Content is protected !!