Sponsor

13

 気まずい。

 リリアはそんな思いをぐっと胸に押し込めて、ガタゴトと揺れる馬車に乗っていた。
 向かい側には、気だるげに頬杖を付きながら窓の外を見ているグレイがいる。その横には、大きな欠伸をしているシーカーが。

 リリアは身を縮こまらせて、チラッとグレイの横顔を見た。いつも通りの威圧感だ。存在しているだけで、人を圧倒してしまう。けれども、特に変化はない。

 昨日のは、幻覚だったのかもしれない。

 リリアは次第にそう思い始めた。

 ふいに、グレイの青い瞳が流し見るようにリリアに向いた。じっと見ていたから視線が合ってしまって、リリアは飛び上がる思いで身を小さくさせた。

「リリア」
「ひゃいっ」
「目の下、クマができてる。ちゃんと寝たのか?」

 流れるような動きで目の下を撫でられた。
 リリアはピキンッと体を硬直させると、はくはくと息をしながら、うなずいてるんだか分からない動きで首を振った。

「どっちだよ」
「ね、ね、寝てませんっ」
「ははっ、そんな勢いよく言うことか? 寝てねェんなら寝とけ。寝心地は、あんま良くねェだろうがな」

 笑った。鋭い目じりにくしゃりとシワを寄せて、今まで見た中で一番穏やかに笑っている。
 リリアは目をまるくしてグレイの顔を凝視した。

「あァ? なんだよ」
「い、いえ……。ボスも、笑ったりするんですね」
「喧嘩売ってんのか」
「す、すみませんっ、そういう風に笑うの、初めて見たので」

 焦って首を横に振るリリアに、援護射撃が飛んでくる。シーカーだった。楽しそうに口元に笑みを浮かべて、ニヤニヤとグレイを見ている。

「確かにボス、あんま笑わないですよねぇ。もう存在が威圧的っていうか、野生の獣?」
「喧嘩売ってんだろ」
「やだなぁ、ボス。リリアサンを見て笑ってるボスを見て、こりゃ面白いことになりそうだなぁなんて、これっぽっちも思ってませんよ」
「……シーカー」
「いやぁ、でもちょっと意外でした。ボス、自分と正反対なのが良いんですね」

 ニヤニヤとシーカーは笑い、グレイは不機嫌そうに口を閉じる。
 その空間から逃げることのできないリリアは、そぉっと寝たフリをしようと端によって、壁に頭を預けて目を閉じた。

 けれども揺れる度に頭を打ち付けて、確かに寝心地は良くない。

「シーカー」
「はいはいっと。わかってますよ」

 シーカーが立ち上がって、リリアの隣に座る。リリアがどうしたのかと思っていると、シーカーは親指で反対側を示した。

「リリア、こっちに来い」
「へ……」
「オラ、早くしろ」

 リリアは訳のわからないまま立ち上がって、反対側に腰かける。すると、グレイの腕がリリアの頭にするりと伸びてきた。優しく引き寄せられて、リリアの頭が傾く。

「え、えっ」
「寝とけ」

 肩を貸してくれようとしているのだとわかった。リリアはその不器用さに小さく笑って、少しだけ身を寄せる。そうして、グレイの肩に頭を預けて目を閉じた。

「ありがとうございます、ボス」
「……さすがに警戒心無さすぎだろ」
「う、わ。これは複雑な気持ちですねぇ、ボス?」
「おまえは楽しんでんだろ」
「やだなぁ、ボス。人聞きの悪い」

 ふわりと、爽やかな匂いがした。
 昨日一睡もできなかったリリアは、頭にかかっていく靄に吸い込まれながら、その匂いに身を寄せる。

 落ちていく夢の中で見たのは、「リリア」と優しく笑う、青い髪の少女だった。

「リリア、起きろ」
「ん……」

 心地よく髪を梳かれる感覚に、リリアは目を覚ました。目を擦りながら顔を上げて、鼻先に人の顔があることに目を見開いて飛び起きた。

「えっ! ボ、ボスっ」
「よく寝てたなァ。夜寝れるか?」

 言いながらグレイはぐるぐると首を回していた。それを見てリリアはギョッとする。

「え、あ、肩……っ、す、すみませんっ、ぐっすり眠ってしまって」
「いいから降りるぞ。今日泊まる街に着いた。明日は早朝からまた馬車だ」

 クイと顎で扉を示されて、リリアは慌てて立ち上がって馬車から降りた。すっかり夜になってしまっている。夜なのに目はスッキリ冴えてしまっている。眠れるだろうかと、リリアは不安になった。

「散歩くらいなら、付き合ってやる」

 ニヤリと笑いながら、リリアの頭を片手でポンと撫でると、グレイは先を歩き出した。
 リリアはその背中を目で追って、触れられた頭を押える。

 『リリアチャンも気をつけなきゃダメよぉ』と、そう言っていたマダムの声が聞こえた気がした。

 小さくかぶりを振って、リリアはその背中を追いかけて小走りに駆け出した。

 パーティーが開かれる港町まで、馬車で南下を続けて十日ほど。ようやく、リリアたちは目的地に到着していた。

「わ、何だか賑やかなところですね」
「祭りがあるんだとよ。海と街の繁栄を願う宴だったか」
「へぇー、そんなのがあるんですね」

 街の人たちはみんな、少し興奮したように頬を上げ、楽しげな表情を浮かべていた。
 飾り付けに使うものなのか、まるい大きな玉を担いでいたり、ヒラヒラと揺れる青と白の布を持っていたりする。
 港には、やけに立派な船がいくつも並んでいた。

「海賊に遭わないようにだとか、嵐に見舞われないようにだとか、繁栄の意味もいろいろだな」
「そうそう。今回のパーティーってのも、その祭りの延長線なんですよ。商人や貴族やらが集まって、街の繁栄……まぁ、金がいっぱいやってきますようにって祈るんすよ」
「身も蓋もねェな」

 シーカーがニヤリと笑って、人差し指と親指をくっつけてマルを作った。

「だから商談とかも行われるんですよね。リリアサン、何か困ったことがあったら、俺かボスに声かけてくださいね」
「わ、わかりました」

 リリアは神妙な面持ちで深くうなずいた。

「リリア。いいか、声をかけられても適当に相槌打っとけ。隣を離れんな。変なことはしなくていい」
「へ、変なことってなんですか……」

 リリアは困ったように眉を下げて笑う。

「困っていそうな人がいたから、とか。助けてあげなきゃ、とかか? いいか? おまえが助けなくても誰かが助ける。だからほっとけ。余計なことに首を突っ込むな」

 言い切ったグレイを、シーカーがドン引きした顔で見つめた。

「うわ〜。ボス絶対、束縛激しい面倒くさい男になるタイプですよね。まぁ、でもリリアサン」
「は、はい?」
「俺も、面倒ごとは嫌いなんで。変なこと、しないでくださいね」

 ポンと、両手を肩に置かれて、リリアは苦笑いをした。
 とことん信用がないらしい。

「大丈夫ですよ。ボスの隣にいますし、心配いりません」

 そう言って笑った自分を、リリアはパーティー会場に入って数分後には後悔した。


Sponsor
error: Content is protected !!