Sponsor

16

「ぼ、ボス! 大丈夫ですか?!」

 リリアを抱えて大きくジャンプしたグレイの肩に、一筋の赤が走っていた。
 タキシードもその下の白いシャツも切り裂いて、肌から血をにじませている。

「るせェ。身体強化できるつったろ」
「でも、血が! 腕……」
「かすり傷だ」

 かすり傷のはずがなかった。
 腕から流れる血は、指先を伝ってポタポタと床に落ちている。
 リリアは小さな血だまりに視線を向けた。

 赤。血の色。
 生きた人の証で、それが無くなったら、死ぬ。

 死ぬ?

 誰が──目の前にいる、この人が。

 リリアは守りたかったはずだ。
 誰も傷つかないように。誰も悲しまないように。
 選択を迫られたときに、リリアが迷ったりせずにグレイの腕を振り払っていれば、こんなことにはならなかった。

 リリアが、ほんの少しでも。

 この人と生きたいと、思わなければ。

 リリアは強張った顔のまま、グレイの腕から溢れ出る真っ赤な血を見つめる。

「どうして……庇ったりしたんですか……」

 リリアの問いかけに、グレイは不愉快そうに眉をひそめる。

「理由なんかあるかよ」
「だって、血が、血が出てるんですよっ」
「おまえから血が出るよりマシだ」

 リリアは込み上げそうになる声をグッと堪えた。まぶたの裏が、じんわりと熱を持つ。なりふり構わず泣いてしまいそうだった。
 声を上げて、そんなことをされても嬉しくないと、そう泣き叫びたかった。

「私は、私は……」

 力があったなら。

 リリアが本物の聖女だったなら、グレイの傷だって治せたはずだ。真っ赤な血だって白に覆える。肩の傷だって、何も無かったように時間を巻き戻せる。

 聖女の祝福の力は、どんな奇跡だって引き起こす。

「心配すんな」

 するりと、リリアの頬をグレイが撫でた。
 いつもは鋭い青い瞳が、優しく緩んでいる。リリアを安心させようとしているのだとわかった。

 ぐらりと、リリアの目の前が揺れる。
 地面が傾いたような、体が浮き上がったような錯覚がした。

 この人を守りたいと。
 そう、心が強く叫んだ。

 リリアは首に巻かれていたレースに指先をかけると、軽く引っ張った。ヒラリと、結び目が解けたように、レースは簡単に床に落ちていく。

 レースの下に隠されていた七色の石に触れ、リリアは手を組み、祈るようにして口の中で呟く。

 どうか、力を貸してください、と。

 組んだ手のひらから光が漏れ始めた。それは手のひらから腕、肩、足と全身に広がっていき、リリアの体そのものが淡く光を帯びていく。

 白く、優しい光が、リリアの体を優しく抱きしめるように包み込んだ。
 吹くはずのない風が、ふわりとリリアの髪を浮かび上がらせる。

 リリアの下に、光を帯びた巨大な魔法陣が現れた。

 リリアがゆっくりと、紫の瞳を押し開けた。
 瞬間──目が眩むような閃光が、弾ける。

 網膜を焼くような、激しく、けれどもあたたかな光。

 リリアを中心に、キラキラと七色に輝く優しい光が、地上にそっと降り注いだ。

「あ、あれ……。動けるわ」
「苦しくない……」
「わしの膝も治っとるっ。何が……っ」

 床に伏して苦しげな声を上げていた人たちが、ゆっくりと体を起こし、降り注ぐ光に手を伸ばした。

「きれい……」

「ど、どうなってる?!」

 慌てふためいたのは、騒動の主犯の男だった。
 淡い光を放つリリアと、意識を取り戻して立ち上がる招待客たちを見比べている。慌てて、リリアに向かってピストスの標準を合わせ、引き金を引こうとした。

「ばァか、遅ェよ」

 グレイが一瞬のうちに男の後ろに回り込んだ。腕を捻り上げ、そのまま床に組み伏せる。

「寝てろ」

 グレイが指先で男の頭を弾くと、男は事切れたように力を失ってだらりと床に転がった。男が握っていたピストルを奪い取り、グレイは顔を上げる。

 リリアの周りに、人が集まっていた。
 人をかき分けてリリアに近づいたグレイは、そのままリリアを隠すようにして抱きしめる。耳元で、リリアにだけ聞こえるようにそっとささやく。

「リリア、もういい」
「……ボス……?」

 リリアは虚ろな瞳でグレイを見て、小さく首を振る。

「血が……」
「ばァか、血ならもう止まってる」
「ほんとうに?」
「本当だ」

 リリアはほっと表情をゆるめると、グレイの肩に額を押し付けて、目を閉じた。

「すみません、ボス……ねむくて……」
「寝てな」

 トントンと背中をあやすように叩かれて、リリアは深い沼に沈むように眠りに落ちた。

 祭りの宴だったはずのパーティーが、死の毒殺パーティーに変わったと、街は恐怖に戦慄いた。

 けれど同時に、救いの女神が現れたのだと、そうささやかれてもいた。

 数日眠りについて、ようやく目を覚ましたリリアは、それをシーカーから聞いた。

「ええっ、わ、私のことですか?」
「そうですよ。俺も見たかったなぁ。リリアサンの女神」
「私、あまり覚えていなくて……」
「そうなんですか?」
「えっと、はい……」

 リリアは苦笑いをしながらうなずいた。

「みんな、無事だったんですよね?」
「まあ、一応は。俺は毒が抜けるまでちょいと痺れてましたけど、この通りですし。ボスがいろいろ呼ばれて忙しくしてますけど、それ以外は特にないですね」

 リリアはほっと胸を撫で下ろした。
 そして、あの不気味な笑顔を浮かべていた紳士を思い出す。

「犯人は捕まったんですか?」
「捕まりましたよ。海賊の仕業だったそうで、そこから芋づる式にしょっ引いてるらしいですね。金品、女子どもを売っぱらっている、正真正銘の悪党ですよ。ずさんな警備をしたってことで、主催者はえらい責任を取らされるみたいですけど、まあ、当然ですよね。中に内通者がいたんですから」

 シーカーが冷たく笑って、額にうっすら青筋を浮かべる。
 リリアはちょっとだけ恐ろしくなって布団を首まで引き上げた。

「リリアサンこそ、大丈夫ですか?」
「あ、大丈夫です。特に痛いところもないですし」

 気づいたらベッドに寝かされていたのを、リリアは思い出す。そして、見たこともないような焦りと不安を宿した顔をしていた、グレイのことも。

「ボスは、大丈夫でしたか? 腕……」
「ああ、大丈夫ですよ。リリアサンが治したんで」
「そ、そう、なんですかね?」

 あまり実感がなく、リリアは自分の首に付けられている七色の石に触れた。
 そして、シーカーに向かって手をかざすと、小さく祈りの言葉を呟く。

「……何にも、起きません……」

 リリアは肩を落としてため息をついた。
 リリアがたくさんの人を癒したのだと、そう説明されたものの、依然としてリリアに祝福の力はなかった。

「まあ、コツがあるのかもしれませんね。俺らも、自由に力を引き出せるようになるまで、それなりに時間がかかりましたから」

 励ますようなシーカーの言葉も、リリアには真っ直ぐ響かなかった。
 歴代の聖女で、力が安定しない聖女がいたとは聞いたことがなかった。

 やっぱり聖女ではないのか、それともリリアは欠陥品なのか。

 ため息をついていると、トントンと扉をノックする音が響く。

「あー、ボス帰ってきたみたいですね。それじゃあ、今度は俺が出てくるんで。大人しくしててくださいね」
「は、はい。お気をつけて」

 ふわふわの髪を揺らしながら、シーカーがひらりと手を振って、扉を開ける。

「ボスー、リリアサン起きましたよ」

 そう言って、グレイと入れ替わるようにして部屋を出ていった。
 バタンと扉が閉まる。リリアは少し迷うように視線を左右に流してから、そっと、顔を上げて扉のほうを見た。

 そして、ひっ、と顔を引きつらせて、逃げ場のないベッドの上で後ろに身を引く。

「ぼぼぼボスっ、かお、顔っ、こ、こわい、です」
「あァ?」
「ひいっ」

 鬼のような形相でグレイが近づいてくる。
 リリアはあわあわと逃げ場を探して視線をさまよわせた。

 逃げ惑うリリアのベッドの横に立つと、グレイは高圧的に、見下すようにリリアを見た。

「ご、ごめんなさっ……」

 リリアの声が、途切れる。

 抱きすくめるようにして、グレイの腕がリリアの頭と背中に回っていた。

 耳元に、かすかな吐息がかかる。

 やけに熱のこもった低い声が、リリアの鼓膜を撫でるように震わせた。

「無事でよかった……」


Sponsor
error: Content is protected !!