2 姫と従者

「あっ! メルティア様よ!」

 自分を呼ぶ声が聞こえて、メルティアは振り返る。大きな花壇を挟んだ向かい側には、きゃっきゃっと話に花を咲かせる貴婦人が三人いた。

「きゃっ、こっち見たわよ。今日もお可愛らしいわねぇ〜」
「あ〜ん、娘に欲しい」

 メルティアは軽く微笑んで会釈する。熱を上げてく会話からさりげなく距離をとった。

 そんなメルティアの周りを、ふよふよと一匹の生きものが飛んでいた。小さな人型をしているが、その肌は青く、背中には透明な羽根が四枚生えている。

「きゃ〜っ、かわいらしい〜! だって、メル」

 わざとらしい甲高い声でそういって、青い生きもの、チーはニヤニヤと笑う。
 メルティアは声をひそめ、周りからはわからないようひそひそと会話する。

「もう、チーくんからかわないで」
「からかってなんかないさ。オイラは本当のこといってるだけだぜ? メル」

 メルティアは小さくため息をついて、きょろきょろと周囲を見回した。

「チーくん、迷ってる子はまだいる?」
「メルの庭の周りをうろうろしてるよ。他の奴らが見てるから怪我はないさ」
「そっか。よかった」

 メルティアは小さく微笑んで、歩みを速める。人が見ているので、上品さも忘れない。

「でも、ジークに知られたら怒られるぜ?」
「大丈夫だよ。ジーク、今日いないもん」

 メルティアはすねたように口を尖らせる。
 チーはメルティアの周りをくるくると回ると、ニヤリと妖しく笑った。

「さぁ、どうだろうねぇ? メル」

 と、そのとき、遠くから黄色い悲鳴があがった。メルティアは肩を跳ねさせ、声のした方を向く。
 たくさんの女の人たちが、きゃあきゃあとささやきあっている。
 その話題の中心人物になっていたのは、メルティアもよく知っている人だった。

「じ、ジーク……」

 小さな声が聞こえたのか、ジークがメルティアの方を向いた。そして、わずかに目を細め、メルティアのもとまで大股で歩いてくる。
 メルティアは、ジークの体から沸き立つ怒りのオーラにおののき、一歩後退った。

「チーくんどうしよう! ジーク、怒ってるよ」
「だからいったろ? 怒られるって」
「帰ってきてるの知ってたなら教えてよぉ」
「さっきまで、ジークがいない〜ジークジーク〜っていってただろ」
「そ、そんなにジークジークいってないもん」
「いってたさ」
「いってない」

 くだらない小競り合いをしているあいだに、メルティアの前に影ができる。メルティアはピタリと止まって、そぉっと前を見た。
 黒い艶やかな髪に、きりっとした目元。形のいい眉をぎゅっと寄せ、ジークはメルティアを見下ろしていた。
 手に持っている鉢植えがなんともアンバランスだ。

「メルティア様。今日は解放日だからおひとりで外には出ないよう、いったはずですが」

 メルティアは迫力にのまれて一歩後ろに下がった。

「ご、ごめんね、ジーク。でもチーくんが、子どもが迷子になってるって」

 ジークの片眉がぴくりと動く。

「子どもが……」
「う、うん。お父さんたちはお城のことがあるでしょう? それに、私のお庭のほうだから、警備もいないし……」

 メルティアはもごもごと言い訳を並べる。

「……そうでしたか。お側を離れて申し訳ありませんでした」
「えっ! ジークは悪くないよ。今日はお休みって決まってたもん」
「それでも。俺はあなたの護衛ですから」

 小さなトゲが、メルティアの心に刺さった。それを押し隠し、メルティアは眉を下げて笑う。

「うん……。ありがとう、ジーク」

 ジークが手に持っていた鉢植えをメルティアに差し出す。
 パッと、メルティアの表情が明るくなった。

「わあっ。綺麗。今日はカランコエ?」
「はい。明るいオレンジで可愛らしいでしょう」
「うんっ」

 差し出された鉢植えを受け取ろうとした瞬間、きゃあっと大きな歓声が響いた。
 驚いて手を滑らせたが、鉢植えが地面に落ちることはなかった。触れてはいないけどふわふわと浮いている。メルティアの手の高さで止まっているから、周りから見たらメルティアが持っているように見えるだろう。

「び、びっくりした。ありがとう、チーくん」

 メルティアは鉢植えを持ち直し、ひそひそとチーにお礼をいう。

「どーいたしまして」

 チーはいいながらメルティアの肩に座った。そして、カランコエの花を見下ろす。

「ふぅん。今日はカランコエか」
「綺麗だよね」
「呑気だなぁ、メルは」

 チーはやれやれと、わざとらしく肩をすくめる。

「オイラ、ジークはロマンチストだと思うよ」
「え……?」

 メルティアは心の中で、「ジークはロマンチスト」という言葉を繰り返す。
 花からそっと、ジークに視線を移した。
 どこか冷たくも見える顔立ち。いつも敬語で話す真面目さ。どうひっくり返しても、ロマンチストには見えなかった。

「どうしました?」
「う、ううん。なんでもないの。早く行こう?」

 メルティアは鉢植えを抱えたまま歩き出す。そのななめ後ろにジークが付き従った。
 少し離れた場所から注がれる視線に、メルティアは会釈をしながら歩いていく。

 今日は月に一度の、王城解放日だった。
 ファルメリア王国の城には王族やその従者が暮らしているが、広大で美しい庭園があるため、月に一度、民間人が観光できるよう解放日を設けていた。遠方から足を運ぶ者もいるくらいだ。
 ファルメリア王国の国民たちは、なによりも自然を愛していた。
 金銀財宝よりも花。肉よりも花。一に花、二に花、三に花。

 だが、そんな花よりも、ときにはうわさ話が勝ることもあった。

「はぁん、可愛らしいメルティア様と、かっこよくて凛々しいジーク様。お似合いだわぁ」

 そんな声が聞こえてきて、メルティアの耳はピクリと反応する。上品に歩きながら注意深く聞き耳をたてた。

「ジーク様がメルティア様の騎士になる前から、お二人は一緒にいたのでしょう?」
「幼なじみですって」
「お似合いよねぇー」

 メルティアの頰がだらしなくゆるんでいく。心の中で激しくうなずいた。

「あら、でもジーク様はランスト家の次男でしょう? お似合いというのなら、長男のベイリー様だわ!」
「あーん、ベイリー様も素敵。ジーク様と正反対な、柔らかで繊細な雰囲気が上品よねぇ」
「今はディル様とご一緒なのでしょう? いつ戻られるのかしら。さみしいわ」

 メルティアはその話を聞いて、ちょっとむぅっとする。心の中で大きくバツを作りながら、断固ジーク派のメルティアが首を振っていた。

「メルティア様とベイリー様も、幼いころからご友好があるのでしょう?」

 貴婦人たちはハッとした顔をする。顔を見合わせ、ゴクリと唾を飲んだ。

「まさか……」
「三角関係!?」
「きゃーっ! 素敵! 泥沼化したラブロマンス」
「考えるだけでゾクゾクしちゃうわぁ」

 きゃっきゃっとはしゃぐ貴婦人たちの声に、メルティアはさらにむぅっと口を尖らせた。そして、ちらりと後ろのジークを見る。

「どうされました?」
「う、ううん。なんでもないの」

 今の会話をジークも聞いていたはずだが、顔色ひとつ変わらない。
 メルティアは心の中でため息をついた。

「お嫁さんにしてくれるって、約束したのに」

 メルティアのふてくされた小さな呟きに、チーだけが反応する。

「そんなこといってたかい?」

 多少脚色はしたけれど、同じようなものだ。メルティアはうんうんとうなずいた。

「ふぅん。でも、ジーク、結婚するんだろ?」

 ビシッと、メルティアの時が止まる。

 引きつった顔で、肩に乗っているチーを見た。

「チーくん? 今、なんて……」
「だから、ジーク結婚するんだろ? 知らなかったのかい?」
「し、知らない……」
「オイラたち妖精の間じゃ、今この話題で持ちきりさ。ジーク、まさかの結婚?! メル、振られる! ってね」

 どこぞのゴシップのような話題にメルティアは真っ白になった。

「うそ…………」

 青白い顔をしたまま、メルティアは振り返る。

「メルティア様? どうされました?」

 訝しげな顔をするジークを、メルティアは祈る気持ちで見つめる。
 否定して欲しいと、望みをのせて、小さく口を開いた。

「ジーク、結婚するの?」

 
スポンサーリンク