ピッコマノベルズで『箱入りお嬢様は溺愛政略結婚』連載開始しました!

26幼なじみだったころのように

 ジークが先に店に入り、その後にメルティア、兵たちと続く。

 ウェイトレスらしき店員は、ジークが入った瞬間その服を見て固まった。
 次にそっと目線を動かしてメルティアを見て、息を飲む。

「突然の来訪申し訳ありません。人数が多いですが問題ないでしょうか?」
「か、かしこまりましたっ! 大変申し訳ございません、少々お待ちくださいませ!」

 大慌てで店員が奥へと引っ込んでいく。
 代わりにやって来たのは、白いコック服を着た料理長と思わしき男性だった。

「メルティア様。ご来店ありがとうございます。お席にご案内いたしますね」

 料理長の案内でメルティアたちは窓ぎわの席に通される。

 そこだけ切り取られたように騒がしさはなく、静かな空間だった。
 さらには窓の外にたくさんの花壇があって、花がよく見える特等席だ。

 メルティアはジークと向かい合って座り、その周囲を取り囲むように少し離れた席に兵士たちが座る。

「何がよろしいですか?」
「うーん」

 メルティアはあまり外食をしたことがなかった。
 小さいころなら外食もあるらしいが、その記憶ももう朧気だ。

「なんでもいいの?」
「もちろんです。メルティア様のお好きな蜂蜜パンもありますよ」

 ジークがひとつひとつメニューを示しながら説明してくれる。

 ファルメリア王国の食事は基本的に野菜だ。
 豆から作った肉に、豆や麦から作ったミルク。豊富な野菜料理に、蜂蜜をたっぷり使ったパンやケーキがよく出る。

 あれこれ悩んで、メルティアは野菜たっぷりクリームシチューと、蜂蜜パンを頼んだ。
 ジークは豆肉のハンバーグとサラダにガーリックパン。
 他の兵たちも思い思いの食事を注文していた。

 待っている間、メルティアは窓の外をながめた。綺麗な花たちの周りを、妖精たちが楽しそうに飛んでいたからだ。
 なにかお喋りをしたり、花びらをなでたり香りを嗅いだりと楽しそうにしている。

 その光景にたっぷりと癒されたところで、メルティアは前を向く。
 そして、ふふっと小さく笑った。

「メルティア様?」
「あ、ごめんね。ジークの周りにね、いつの間にか妖精がいっぱいいたから」
「……どの辺ですか?」
「うーん。全部? ジークの周りで遊んでるよ」
「そう言われるとなんだか落ち着きませんね」

 ジークはすわりが悪そうに体を動かし苦笑いを浮かべる。

「ジーク、すごく妖精に好かれるよね。どうしてだろう?」
「他の者は違うのですか?」
「全然違うよ。今だって、ジークのところだけだもん」
「とくに好かれるようなことはしていないと思いますが……」

 ジークは本当に心当たりがないようで不思議そうに首をかしげる。

 と、そこに料理が運ばれてきた。
 とろとろのクリームシチューに、焼きたてパン。次から次へとテーブルに並べられる。
 シチューからは白い湯気が立ち上り、食欲をそそる香りが鼻の奥をくすぐる。我慢できないとばかりにおなかが小さく悲鳴をあげた。

「いただきます」
「お待ちください。メルティア様」
「え?」

 さっそく食べようとしたメルティアをジークが止める。
 そして、メルティアの皿からスプーン一杯分すくいとって口に含むと、丁寧に舌で転がした。パンも同じようにちぎって食べる。

「ジークも食べたかったの? 少し分ける?」
「そうじゃありませんよ。問題ないようですので召し上がってかまいませんよ」
「え?」

 メルティアはパチパチと目を瞬いた。

「ジーク、今何したの?」
「毒見ですよ。一応」
「えっ?」
「疑っているわけではありませんが、毎度していることですので」

 メルティアは驚いて口をあけると、ジークの顔と料理を何度も見比べる。

「ジーク、そんなことしてたの?」
「はい。毎回食事が切り分けられているのに、おかしいと思わなかったのですか?」
「食べやすくしてくれてるのかなぁって」

 ジークがこの主人大丈夫かと言いたげな目でメルティアを見た。

「そんなこと、しなくていいのに」
「あなたは王族でしょう」
「だ、だって……わたしのは……何か入ってることが一番多いのに……」

 メルティアはきゅっとスプーンを握った。

「だからですよ」
「……」
「だからしているんです。あなたに何かある前にわかるように」

 ジークは穏やかな顔で慈しむようにメルティアを見る。
 それが誇りだと言いたげな顔だ。

「でも、チーくんがいるから大丈夫だよ。ジークに何かあったら……」
「俺に何かあったときは、あなたが助かったときということですから」

 そういうことじゃないとメルティアは首を振る。

「チーくんに頼むから大丈夫だよっ」
「信用はしていますが、体調が悪くて見逃すこともあるかもしれないでしょう?」
「でもっ、でも……ジークに何かあったら嫌だもん」

 メルティアは視線を下に落とす。

 メルティアはジークに自分を大事にしてほしかった。
 でも、メルティアが王族であって、ジークがその従者である以上難しいのもなんとなくわかっていた。
 従者は主人を護るためにいるからだ。

 主人と従者でいる以上、対等にはなれない。

 黙り込んだメルティアに、チーがやれやれと肩をすくめながら言葉をかける。

「城中に妖精がいるから大丈夫だと思うぜ」
「……ほんとう?」
「アイツらがジークを見殺しにするとは思えないからな。毒見に意味はないだろうが、やって満足するならやらせたらいい」
「チーくん適当」
「ジークはメルのためにしてるんだから、ただありがとうと言っておけばいいと思うぜ」
「……」

 メルティアはじっと黙り込んで、もやもやを押し込めるようにテーブルの下できゅっと拳を握る。

「その……ありがとう、ジーク」
「いえ。俺がしたくてしてることですから」

 メルティアの感謝の言葉を聞いたジークが、幸せそうに目を細める。

 メルティアはその顔に驚いて、だんだんと、複雑な気持ちになる。

 ジークは、メルティアが主人であろうとすると嬉しそうにする。
 逆に、対等な関係を求めると困った顔をする。

 昔みたいに話してほしいと言っては拒絶されてきた日々。

 一日だけ。
 ほんのわずかな時間、幼なじみのジークが戻ってきたあの日、もっとなにか言えばよかったのかもしれない。

 どうしたら昔みたいに話してくれるの? とか。
 前みたいに他愛のない話をしたいとか。

 いつからか明確に引かれてしまった線を、どうしたら飛び越えられるのだろう。

「ほら、冷める前にいただきましょう」
「う、うん。いただきます」

 はじめて出逢った日。
 ジークはメルティアの願いを聞いて『ティア』と呼んでくれた。
 一緒に遊ぶ人は兄しかいないと言うと友達になってくれた。

 ジークが来た日はいつもジークにくっついて歩いていた。
 ジークは嫌そうな顔ひとつせず、メルティアの話をいっぱい聞いてくれた。

 だからいつか大人になったら、ジークの隣にいるんだと思っていた。

 それなのに、今は隣ではなくジークはメルティアの後ろにいる。
 忠実な家臣として。

 ジークの幸せそうな顔を見たメルティアは、自分の望みとジークの望みが決して交わらないことを痛感する。

「ジークは、わたしに仕えたこと、本当に後悔してない?」
「してませんよ。どうしてそんなことを?」
「ううん。聞いてみただけ。いつもありがとう、ジーク」

 感謝の言葉にジークは優しく微笑む。

 後悔しててほしかった、なんて思ったことを、メルティアは心の中にぎゅっと押し隠した。

ホーム画面登録で更新情報をアプリのように通知できるようになりました!プッシュ通知を有効化をご利用ください。 有効化する いいえ