ピッコマノベルズで『箱入りお嬢様は溺愛政略結婚』連載開始しました!

6 抜き打ちテスト

 酒場をクビになったリリアは、数日かけてパン屋、画家の手伝い、薬作りの手伝いと、あらゆる店を転々とし、結局、はじめてこの街に来たときと同じ、グレイの執務室に戻って来ていた。

 頬杖を付きながら紙を眺めていたグレイは、胡乱な目をしてリリアを見る。

「……おまえ、悲しいくらい才能ねェな」
「うっ」
「はァー、もういい」

 リリアの肩がビクリと跳ね上がった。不安気な顔で、うつむいたまま床を見つめる。
 何度もチャンスはもらった。それをすべてダメにしてきたのだ。リリアは今度こそ街を追い出されるのだと覚悟した。

 固く目をつむって断罪を待つ。

「リリア、おまえ、とりあえずここに居ろ」
「……え?」

 リリアは顔を上げてグレイを見た。やる気なさそうに紙を見ていたグレイは、その紙をリリアに向かって突き出す。

「紙の仕事ならできんだろ。読み書きは?」
「あ……で、できます」
「目ェ離すと何仕出かすかわかんねぇし、ちょうどいい。とりあえずこれに目を通しとけ」

 差し出された紙を受け取って、疲れたように首を回すグレイをリリアは見た。

「お、追い出さないんですか?」
「あ?」
「だって、私、何もできません……」

 すっかり自信をなくしたリリアは、紙の端をきゅっと握ってうつむいた。

「ばァか。人には必ず、何か得意なことがあんだよ。おまえはまだ、それが見つかってねえだけだ。できねェことはできるヤツがやる。その代わり、そいつらが困っていたときに、おまえにできることがあったなら。そんときに恩返しすりゃァいい」

 リリアは泣きそうに眉を下げ、頼りなく左右に視線をさまよわせた。

「ありがとうございます、ボス」

 頭を下げて、込み上げてきそうな涙をぐっと堪える。

 聖女ではなくなった自分の価値を見つけるのは、途方もないくらい難しかった。

 聖女様、なんて呼ばれていたけれども、リリアはそうやって自分を呼んでくれていた人たちが、どれだけすごいか実感する。リリアにはできないことを、簡単にやってのけてしまう人たちだ。

 聖女に選ばれたころのリリアは、立派な聖女になるのに一生懸命すぎて、肝心の民一人一人を見れていなかったかもしれない。

 だから無くなってしまったのだろうか。
 リリアの力は。

「まぁ、アレだ。とりあえず、何か茶菓子買って来い。そんくらいできんだろ、いくらどん臭くてもな」
「……何がいいですか?」
「なんでもいい。おまえの好きなもん買って来い」

 シッシッと追い払うように手を振られて、リリアは紙をテーブルに置くと、立ち上がって部屋を出た。

 パタンと扉を閉めて、深く息を吐き出す。

 情けない。そんな一言で済ましてはならないくらい、自分が恥ずかしくて堪らないけれど。
 またチャンスをもらったのだ。何か、できることを探さなくては。

 リリアは両手で自分の頬を叩いて気合を入れると、顔を上げて歩き出した。

「やあ、リリアちゃん。買い物かい?」
「こ、こんにちは」

 幸か不幸か、いろんな店を転々としたリリアは、すっかりとこの街に馴染んでしまっていた。

 声をかけてくれたパン屋のおじさんに頭を下げて、リリアは少しだけ近づく。

「おすすめのお菓子のお店とかって、ありますか?」
「ああ、甘いものかい。ウチの街ではヘルゼーヌがおすすめだよ。あまーいクリームがたっぷり乗ったお菓子がある」
「わあっ、美味しそう!」
「行ってみるといいさ。きっと気に入る」

 ニコリと気のいい笑顔を浮かべたパン屋のおじさんに、リリアはうなずく。店のある場所を教えてもらい、そうだとパン屋のおじさんを見る。

「そのお菓子は、ボスも好きですか?」

 リリアの問いかけに、パン屋のおじさんは目を瞬いた。

「ボス? いやぁ、ボスは甘いもの食べないんじゃなかったかな」
「え……」
「確か苦手だったはずだよ。甘いもの」

 リリアはお礼を言ってその場を離れると、ヘルゼーヌという店に向かいながら唇を真一文字に結んだ。

 茶菓子買って来い、とは言っていたが、甘いものを買って来い、とは確かに言っていなかった。これは、リリアが役に立つかどうかの抜き打ちテストなのかもしれない。

 でもリリアの好きなものを買って来いとも言っていた。
 けれども、本当に甘いものが苦手なら、ヘルゼーヌのお菓子を買って行ったらグレイは口にすることができない。

 悩んだ末に、リリアはヘルゼーヌのお菓子と、甘くないタコの足焼きを買った。たまたま目に入ったのだ。タコが。

 右手にタコの足焼き。左手にヘルゼーヌの箱を持って、リリアはグレイの執務室を目指す。

 執務室の前で、両手が塞がっていることに気づき、どうしたもんかと思っていたところ、後ろから声がかかった。

「あれ、リリアサン。どうしたんです……か……って、ちょっ、なんすかっ、その手の組み合わせッ」

 腹を抱えて笑うシーカーを見て、リリアはほんのりと頬を染めた。

「ぼ、ボスが、抜き打ちテストをしたので……」
「はぁ? ボスが? タコとヘルゼーヌを? ちょっとよくわかんないすけど、まぁ、入ってくださいよ。はい、どうぞ」

 ノッカーの合図もなしに、シーカーはひょいと扉を開けた。だんだんと分かってきたが、シーカーとグレイは相当気心の知れた仲らしい。

 リリアはお礼を言って部屋に入る。
 リリアが帰ってきたことに気づいたグレイが顔を上げ、リリアの手元を見て数秒固まった。

「おまえ、どういう組み合わせのもん食いたかったんだよ」
「えぇと、抜き打ちテストじゃなかったんですか?」

 リリアはグレイの机に近づいて、右手に持っていたタコの足焼きを差し出そうか迷いを浮かべる。

「は? テスト?」
「えぇと、ぼ、ボスは、甘いものが苦手だと聞きました」

 グレイがぽかんと口を開け、後ろから部屋に入って来ていたシーカーがおかしそうに笑う。

「あんた、それでタコの足焼き買ったんですかッ?」

 リリアはだんだんと、これが抜き打ちテストではなかったのだと理解しはじめる。
 落ち込んでいるリリアの気を紛らわせようと、純粋にリリアの好きなものを買ってこいと言ったのだ。

 リリアはかぁっと耳まで真っ赤に染め上げて、羞恥に涙を浮かべながらうつむいた。

「す、すみません」
「あー……、いや、いい。ちょうど腹がへってた。ありがとな、リリア」

 あっさりとリリアの右手からタコの足焼きを奪い取ったグレイは、それを口に入れながら手元の紙に視線を走らせる。
 目を丸くしたままグレイを凝視しているリリアに気づくと、クイと顎で右手のほうを示した。リリアがそっちに視線を向けると、そこには簡易給湯室があった。

「お、お茶、いれますねっ」

 テーブルにヘルゼーヌの箱を置き、うっすら目元を赤らめたまま給湯室に向かった。

 カチャカチャとお茶の準備を進めていると、シーカーとグレイの小さな話し声が聞こえてくる。

「あんた、タコの足焼きも食うんすね」
「まァ、たまにはな。それよりも、頭の悪いお人好しつぅのがよーく、分かった」

 そんな声が聞こえて、リリアの背後からグサリとナイフが突き刺さる。
 間違いなくリリアのことを話している。

「一年は面倒見てやるか……」
「そんなこと言って、情移したりしないでくださいよ」
「しねェよ、ばァか」

 リリアはヒュッと息を飲んだ。お茶を淹れていた手がカタカタと震える。
 リリアが聞いていると思っていないのか。それともわかっていて、わざと聞かせているのか。

 リリアは期限付きなのだと理解した。
 一年間。
 それまでに何かできることを見つけなければ、きっと、追い出される。それならまだいいが、邪魔だからと、殺されるかもしれない。

「……見つけなきゃ。私に、できること」

 リリアはギュッと茶こしを握り締めた。

ホーム画面登録で更新情報をアプリのように通知できるようになりました!プッシュ通知を有効化をご利用ください。 有効化する いいえ