ピッコマノベルズで『箱入りお嬢様は溺愛政略結婚』連載開始しました!

14 パーティー

 翌日、夕方前には身支度をはじめ、たくさんの人の思いが詰まったドレスや装飾を身につける。

 そして、いつもよりかっちりとした装いをしているグレイとシーカーと合流する。

「いい感じじゃねェか」
「本当ですか?」
「あとは余計なことをするなよ」
「は、はい」

 日が沈む前に、リリアたちはパーティーが行われるという、とある洋館を訪れていた。

 招待状を渡してチェックが済むと中に入る。
 その瞬間、視線が無数のトゲのように突き刺さった。
 リリアは驚いて身を固くするが、隣にいるグレイは慣れているのかどこ吹く風。まったく気にしていないようだった。

「ぼ、ボス……」
「あァ、忘れてたがここではグレイと呼べ。そのほうがいい」
「ぐ、グレイ……さん?」

 敬称をどう付けたらいいのか迷い、リリアは小首を傾げた。そんなリリアを見下ろして、グレイは口端を上げる。

「悪かねェな」

 パーティーは立食形式だった。
 優雅な音楽と、きらびやかな人たちに、リリアは尻込みする。ひそひそとささやくように交わされている会話に緊張した。

 そんなリリアの緊張を感じてか、シーカーが何かとってくると言って料理のもとへ行った。
 リリアもついて行きたかったが、今回のパーティーではグレイのそばを離れないという約束だ。

「そんなに緊張するんじゃねェよ」
「私、浮いてませんか? 大丈夫ですか?」
「浮いてるか浮いてないかでいっちゃァ、浮いてるがな」
「ええっ」

 リリアは顔を青くして、周囲を見回した。
 何人かの美女とバチンッと目が合い、リリアはドキッとする。
 シルカといるときに注がれていた視線と少し似ていた。品定めするような目だ。

 軽く会釈をしていると、グレイが品の良さそうな老人に話しかけられた。リリアもそちらに注意を向ける。

 リリアはグレイの横で微笑みを浮かべながら黙っていたが、話が一区切りしたのか、老人の視線がリリアに向いて話しかけられてしまった。
 リリアはなるべく穏便に対応した。
 失礼がないように気をつけながら、会話をする。

 そうこうしているうちに、今度は別の人にグレイが声をかけられていた。

 ついて行こうと思うのだが、品の良さそうな老紳士に「あっちにあるのが美味しかった。食べたかい?」なんて聞かれると、「いえ、まだです。美味しそうですねぇ」なんて世間話をしてしまう。

 気づけば、グレイとの間にかなり距離ができてしまっていた。けれども、熱心に話しかけてくる人を無下にもできない。
 リリアは顔に微笑みを浮かべながら、内心は動揺していた。

 話の切り上げ方が、分からない。

 祈る気持ちでチラチラとグレイに視線を向ける。
 その思いが通じたのか、グレイが後ろを振り返って、引きつった顔をして辺りを見回した。

 リリアは「ボス、こっちです」と叫びたい気持ちで瞳に熱を込めた。

 と、そこで天の助けが来る。
 老紳士が別の人に呼ばれたのだ。
 名残惜しそうに「また話そう」という紳士を見送り、リリアはグレイのところに向かおうとした。

 が、待っていたとばかりにリリアの周りを美女が取り囲んだ。

 心の中で悲鳴をあげながら、リリアは止まる。
 周りをぐるりと囲われ、逃げ道を塞がれてしまった。

「少しお話してもよろしくて?」
「は、はい」

 たくさんの少女や貴婦人たちは、オロオロしているリリアにグレイとの関係をたずねてくる。

 リリアは事前に言われていた通り口にした。

「グレイ、さん、とは……えぇと。お、お付き合いを、して、います……」
「お付き合い……? お付き合いと言ったんですの?」
「フリーになったと思っていたのにぃ!」
「でも、前の方とは好みがずいぶん変わったんですのね」

 リリアはその言葉にドキッとした。

「前の方は少し怖い感じがありましたものね」
「綺麗な方だったので、お似合いではありましたけど……」
「でもあなたは、なんだか、わたくしたちが悪いことをしている気分になってしまいますわ」
「ああ、わかります、それ。なんだか弱いものいじめをしているような」

 きゃっきゃっと盛り上がっている美女たちを、リリアはあいまいな微笑みで見つめた。

「グレイ様とはどちらで出会ったんですの?」
「えっ!」

 どちらと言われても、罪人として捨てられた先で出会ったとは言えない。

「え、っと……その。たまたま、助けていただいて……」
「きゃーっ! ピンチを助けるグレイ様! そしてそこからロマンスがはじまるのね!」

 ピンクの花が咲きはじめ、自由な妄想がはじまっていく。あまりにも自由すぎる空間にリリアは呆然とした。

「あら、ごめんなさい。びっくりさせてしまいましたわね」
「い、いえ。大丈夫です」
「こうして恋の話にきゃいきゃい言っていますけれど、わたくしたちはみんな、親の決めた方と結婚ですわ。でもグレイ様は自由に恋愛してらっしゃるので、みんなひそかに憧れているんですのよ」

 肩をすくめている美女たちをリリアは見つめる。

「恋って、どんな感じなんですの?」
「やぱり胸がドキドキしたり?」
「手が触れ合ったら燃てしまうような熱が弾けるんでしょう?」

 矢継ぎ早に聞かれるが、リリアも恋がどんなものか知らないのだ。目を白黒させていると、ひとりの美女がリリアのドレスに目を向ける。

「それにしても、このドレス、素敵ねぇ」

 リリアはその言葉にパッと反応する。

「ほ、本当ですかっ?」
「えぇ。色味が鮮やかでとても綺麗なのに、あなたのその不思議な瞳の色を引き立たているのねぇ。あら、こっちの装飾も素敵」

 その言葉を皮切りに、リリアの身につけている物に話題は移っていく。

「グレイ様のところの新作かしら?」
「この腕輪、とっても細工が美しいわぁ」

 リリアはドレスや装飾を褒められたのが嬉しくて、顔がゆるゆると緩んでいく。
 教えられた知識を元に、興味を示した人にひとつひとつ丁寧に説明した。

「ここの模様がすごく細かくて、よく見るとリリスの花になっているんですよ。可愛いですよねぇ」

 ちょっと興奮してまくし立てていると、じーっと生ぬるい視線を感じてリリアはハッとする。
 食い気味だった自分が恥ずかしくなって、うっすら頬を染めてうつむいた。

「ご、ごめんなさい。このドレスや装飾を素敵だって言っていただけて、嬉しくて……。えっと……そろそろ行かないと。あの、ご興味があったら、いつでも話しかけてくださいね」

 小さく笑って、リリアは頭を下げるとそそくさとその場をあとにした。

 後ろできゃいきゃいと女たちの声が聞こえる。
 大丈夫だっただろうか、何か失敗していないかと自信をなくしながら、こうやって話を切り上げればよかったのかと、リリアは学んだ。

 リリアは歩きながらグレイとシーカーの姿を探す。
 あんなに隣を離れるなと言われていたのに、すっかりと迷子になってしまった。

「どうされました?」
「えっ」
「どなたか探しておられるのですか?」

 品の良さそうな紳士に声をかけられて、リリアは足を止める。茶色の髪を綺麗に整えて、黒のタキシードに身を包んでいる。

「あ、えっと、グレイ……グレイ・ベアードという人を知っていますか?」
「あぁ、存じ上げておりますよ」
「グレイ、さんを探していまして……」
「ならばご一緒にお探ししましょう、レディ。お名前を伺っても?」
「あ、す、すみません。リリア・エスカーナです」

 穏やかに微笑んだその人に手を取られる。

 そのまま歩きだそうとしたリリアを、苛立たしげな声が呼び止めた。

「おい、リリア」

 人の話し声が響くパーティー会場でも、よく通る声だと思った。

 リリアは声のしたほうを向いて、ほっと胸を撫で下ろす。

「ぼ……グレイ、さん」
「ったく、離れるなつったろうが」
「ご、ごめんなさい……」

 不機嫌そうに近づいてきたグレイが、ジロリとリリアの手を見た。男に取られているほうの手を。リリアはパッと手を引っ込めて、慌てて紳士に向き直って頭を下げる。

「み、見つかりました。その、ありがとうございます」

 穏やかそうな紳士は肩を竦めて笑った。

「おや、残念。それでは、レディリリア。また」

 ニコリと笑い、グレイに軽く会釈をすると、紳士は優雅な足取りで去っていった。
 ジロリと、リリアはグレイに睨まれる。

「ボケっとしてたのか?」
「えぇっ、違いますよ。その、は、話の終わらせ方が、わからなくて……。ボスは流れるようにどこかに行っちゃうし……」

 最後は拗ねた口ぶりになった。
 グレイが目をまるくしてリリアを見ていることに気づいて、リリアはハッとして口をつぐむ。そして、かぁっと頬を染め上げ、顔を隠すようにうつむいた。

「くっくっ、悪い悪い」

 押し殺したような笑い声が頭上から聞こえて、リリアはますます恥ずかしくなった。

「目を離した俺が悪かった。大丈夫だったか?」
「えぇと、なんだか小さな冒険をした気分です」
「そりゃァ、よかったな」

 グレイは皮肉るように笑って、エスコートするかのごとく、リリアの腰に手を回した。

 一気に距離が近くなる。
 ふわりと、爽やかな匂いがして、リリアは動揺しながらグレイを見あげた。目が合うと、グレイはゆるりと口角を上げる。

「後ろにいるもんだと思ってりゃ、いつの間にかいねェならな。こうしてたら安心だろ?」
「で、でも。ち、近くない、ですか……」
「聞こえねェな」

 グレイは何でもなさそうに鼻で笑っているが、リリアはどうにも落ち着かない。

 それに、何だかものすごく見られている。
 珍獣を見るような好奇の視線が、会場中から放たれている気がする。

「あ、いたいた、ボス。リリアサン」
「シーカーさん!」

 リリアはあからさまにホッとした。

「何してんですか。会場中の注目浴びてますよ。ま、そのおかげで居場所簡単にわかったんですけど」
「リリアが迷子になったんだよ」

 グレイの言葉にリリアはキュッと身を小さくした。
 シーカーの瞳がリリアに向く。

「えっ、リリアサン早速ですか。まぁ、予想してましたけど。どうせボスが、一人でホイホイ商談進めようとしたんでしょう」
「……」
「こんな人、目を離したらダメに決まってるじゃないですか。ね、リリアサン」

 なぜか同意を求められて、リリアは否定も肯定もできずに笑って誤魔化した。

「悪かったな、気が利かなくて」
「まぁボス、腹が立つくらい女の尻追っかけたことないですからね。少しくらい学んだらいいんですよ」
「……おまえ、なんか今日機嫌悪くねェか?」
「気のせいですよ。あ、それよりリリアサン、何か食べました? おすすめだって配られてた料理をもらって来たんですけど」

 皿を差し出されて、リリアは大きな瞳を輝かせる。

「わぁ、美味しそう」
「デザートもありましたよ。あとで見に行きます?」
「えっ、行きたいです!」
「じゃあボスが一人で商談してるときにでも行きましょうか」
「やっぱおまえ、今日機嫌悪いだろ」

 シーカーは肩をすくめてから、リリアに料理の乗った皿を手渡す。受け取ったリリアは、小さな楊枝に刺さっているカプレーゼを口に含んだ。

「なーんか、今日嫌な感じするんですよねぇ。背中がぞわぞわするというか。ボスだって思ってるでしょう?」
「まァな」

 もぐもぐと咀嚼していたリリアは、そうなのだろうかと首を捻る。比較する対象のないリリアにはよくわからない。
 チラリとシーカーとグレイの視線がリリアに向けられる。リリアは食べていたカプレーゼを飲み込んで二人の顔を見つめた。

「リリアサンがいるからですかね」
「え、え?」
「まァ、それなら目立ってるっつうことだ。上出来だろ」

 グレイが、リリアの持っている皿の上のプレーゼをひとつ取る。シーカーもそれに倣うようにカプレーゼを取って、口に含んだ。
 瞬間。
 二人は口を覆って、カプレーゼを吐き出した。

「ええっ、どうしたんですかっ?」
「どうしたじゃねェっ。おまえ、食ったのか?!」
「へ、え……た、食べました。美味しかった、です?」

 ゴホゴホと咳き込むシーカーが、ふらりとその場を離れる。

「吐き出せ」
「ええっ、な、ボスっ?!」

 グレイが乱暴にリリアの口をつかんで開かせる。指が喉の奥まで入ってきて、リリアは嘔吐いた。

「ぅ、やめっ」
「バカかっ、おまえが食ったのには毒が入ってんだよ!」

ホーム画面登録で更新情報をアプリのように通知できるようになりました!プッシュ通知を有効化をご利用ください。 有効化する いいえ