ピッコマノベルズで『箱入りお嬢様は溺愛政略結婚』連載開始しました!

15昔の出来事

 珍しくジークが息を呑んで、そのままの姿勢で固まった。
 しばらく待っても動かない。

 メルティアは内心驚きつつも、おそるおそる呼びかけた。

「じ、ジーク?」

 ようやく言葉を咀嚼したのか、ジークは動き出す。
 眉間のシワをひときわ深くして、大股でメルティアの前まで歩いてきた。

 そしてメルティアの目の前で止まったジークは、目尻を釣り上げたまま、怒りに瞳をギラつかせてメルティアを見下ろした。

「ご自分が何をおっしゃっているのか、わかっているのですか?」
「う、うん。わかってるよ。ジークこそ、どうしたの? 顔こわいよ……」

 ジークの体から沸き立つ怒りオーラにメルティアは慄いた。

「幼いころ、ご自分に何があったのかお忘れになったのですか」
「わ、忘れてないよ」

 ジークの剣幕に押されてメルティアが一歩後ろにさがると、ジークも一歩詰めてくる。
 ジークとの距離が近い。
 普通ならときめきそうな状況だが、目の前に鬼のような顔をした男がいるのだから、そんなときめき思考も吹っ飛ぶ。

「ど、どうしてそんなに怒るの? ジークのお休みだって増やしてあげられるよ」
「俺は、休みが欲しいと言ったことなどないはずですが」

 メルティアは口ごもる。
 ディルにも言われたことだ。「ジークがそんなこと言うはずがない」と。

「で、でも」
「でも何ですか?」
「好きなときにお休み取れた方がいいでしょう? 二人いたら、ジークばかり無理する必要もないよ」

 ジークは納得していないようで、怖い顔をしたままだ。

「俺が無理をしていると、あなたはそう思っていらっしゃるのですか」
「……」

 無理をしているなんて、本当は思いたくはないけれど。
 いつか、重荷になるかもしれない。

 せめて、『メルティア様の騎士なんてならなければよかった』と、そう思われないようにしたい。

「また、あなたが傷つくかもしれないんですよ」
「……大丈夫だよ。もう昔とは違うもん」
「どうしてそう言い切れる」
「……」

 根拠ゼロの言い分だから、そこを詰められるとメルティアには何も言えなかった。
 黙り込んだメルティアに、ジークがさらに眉をつり上げる。

「みんな居なくなっちゃうって、いつも泣いてただろ」

 メルティアは言葉に詰まった。
 図星だったのもあるが、怒ってるからかジークから敬語が消えたのだ。

「また同じことが起きるかもって、どうして考えられない」

 メルティアの脳裏に、幼いころの会話が思い浮かんだ。

 昔、メルティアの護衛だった人が、メルティアが昼寝をしている間に手足を拘束して、どこかへ連れて行こうとしたことがあった。
 結局、それはチーの起こした爆風と、その異変に気付いたディルによって発見された。

 メルティアが起きたときにはぶち切れたディルが剣を抜いていて、部屋が血みどろになりそうだった嫌な記憶だ。

 そのとき、メルティアははじめて家を抜け出してジークのところに行った。
 泣きながらジークに会いに来たメルティアに、ジークは心底驚きながら、膝をついて慰めてくれたのだ。

『ジーク、あのね、みんなティアのとこからいなくなっちゃうの』
『ティア……どうした? 何があった?』
『ディルにぃにもおこられたの……』
『喧嘩か? ティアに甘いディルが珍しいな』
『ティアがね、その人いじめないでって言ったら、自分がゆうかいされそうになったのがわからないの!? って。ジーク、ゆうかいってなに?』
『……』

 勝手に城から抜け出してきたことに気づいたジークがすぐに送り届けてくれたが、ジークから離れたくないとメルティアが泣くものだから、結局ジークは三日間城に泊まった。

「何か起きるたびに、ひそひそと噂されていたのも忘れたのか?」
「き、気にしてないもん」
「いつもしょんぼり肩落としてただろ」
「ち、ちっちゃいころの話だもん」
「だんだんと、あなたが何かしているのでは、なんて噂が立っていたんだぞ。またそうなってもいいって言うのか?」

 ジークの語尾が強くなっていく。
 メルティアは言葉に詰まって、視線を床に落とした。

 涙をこらえるように黙り込んでしまったメルティアに、ジークが息を呑む。
 そして片手で顔をおおって深く息を吐き、そのまま一歩後ろにさがった。

「すみません。頭に血が上っていたようです。不躾な真似を……」
「い、いいの。……本当のことだから」
「……申し訳ありません。メルティア様。何なりと処罰を」
「え!? な、ないよ。処罰なんて……あ、じゃ、じゃあ、騎士、増やしてもいい?」
「…………」

 まったくめげていないメルティアに、ジークの冷たい視線が飛んだ。

「……もう決まったことなのでしょう?」
「う、うん。ディルにぃにも言ったよ」
「ディルはなんと?」
「ディルにぃが見繕ってくるって。お試しならいいって」

 ジークがしばらく沈黙する。
 やがて、諦めたように息を吐いた。

「わかりました」
「ほ、ほんと?!」

 メルティアは安堵の息を吐く。ジークの怒りのオーラが鎮火したことにもほっとした。
 まさかこんなにジークが怒るとは思っていなかったのだ。

「よかった。これでジークのお休み増やしてあげられるね」
「……」

 ジークの「話を聞いていなかったのか?」と言いたげな視線が飛ぶ。
 メルティアはその視線を無視した。

 今はそうやって言ってくれるかもしれないけれど、きっと「あの時メルティア様が騎士を増やしてくれてよかった」と思うときが来るはずだ。
 仕事を理由に大切な人を傷つけることもない。

「ジーク、お休みがほしいときはいつでも言ってね」
「……わかりました」

 そんなやり取りから数日が経ったある日、ようやくメルティアの騎士が増えることになった。

 代々王族に仕えている者が多い一家の長男だった。
 もともと騎士団に所属していて、遠方まわりをしていたところを呼び出したのだとか。

「メルティア様、このたびあなたにお仕えさせていただくことになりました、エルダー・デモリットです」

 メルティアより10歳、ジークより5つ上の26歳。明るく陽気で多くの人に好かれそうな人だった。
 ジークとは雰囲気がまったく違ったけれど、メルティアは上手くやっていけそうだとホッと息を吐いた。

「こ、これからよろしくね」

ホーム画面登録で更新情報をアプリのように通知できるようになりました!プッシュ通知を有効化をご利用ください。 有効化する いいえ