ピッコマノベルズで『箱入りお嬢様は溺愛政略結婚』連載開始しました!

25夢か現実か

 メルティアはなるべく火照った顔が見えないように、うつむきつつ振り返る。

 目が合うと、ジークはハッと息を吞んで、素早くメルティアから手を離した。

「いえ。なんでもありません。……申し訳ありません、メルティア様」
「う、ううん。助けてくれてありがとう」
「……」

 少しの気まずさを感じながら、メルティアはジークの膝の間から元いたジークの隣へと移動する。
 甘く感じた空気は霧散し、逆に重苦しい空気がただよった。

 今のは、何だったのだろう。

 妄想?

 でも、たしかに引き寄せられたはずだ。
 おなかにあった腕の感触は残っているし、耳元で囁くように呼ばれた名前が鼓膜にこびりついている。
 背中にあたった温もりだって。

 なによりも、心臓がドキドキしている。

 顔の熱が、まだ引かない。

 メルティアは資料を読むふりをしながら、横目にジークを見た。

 ジークは黙り込んで、どこか放心したように自分の手のひらを見つめていた。

 そうして、強く手のひらを握ると、目を閉じて深く息を吐いた。
 まるで精神統一でもしているみたいだ。

 ジークは今、何を考えているのだろう。

 ジークには好きな人がいる。
 その相手はメルティアではない、はずだ。

 それでも、「もしかしたら」なんて淡い期待が過ぎってしまうほど、「メルティア様」と、そう呼んだ声は、とても大切な人を呼ぶ声のように思えた。

 メルティアは少しだけ迷って、ジークが目を開けるより前に声をかける。

「じ、ジーク」

 ピクッと小さくジークの手が反応して、ゆっくりと黒い瞳が顔をのぞかせる。

「……どうしました?」
「えっと、えっと。お、お昼、なに食べる?」

 無鉄砲に突っ込んだ結果、ろくな質問にならなかった。
 ジークは目を細めて「朝から食べものの話ばかりですね」とかすかに微笑む。

「街と街の間に食事処があるのでこちらで昼食の予定ですよ。そろそろ着くかと」
「そ、そっか」

 メルティアはもじもじと手を合わせてうつくむ。
 ジークの笑い方が優しいような。でも気のせいのような。

「着いたら起こしてぇ~とか言ってもたれかかったらいいだろ」
「うわぁっ!?」
「メルティア様?!」

 急にチーの声が肩元から聞こえて、メルティアは飛び上がった。
 緊迫感のある険しい顔でジークがメルティアを見る。今にも剣を抜きそうな勢いだ。

「あ、だ、大丈夫。チーくんが急に話しかけてくるから」

 ジークがほっとしたように息をついて肩の力を抜いた。

「せっかくいい感じだったのにな」
「えっ。そ、そうかな?」
「そうさ。そのままイチャつくかと思ったぜ」
「な、し、しないもん」

 だってあのジークだ。天地がひっくり返ってもない気がする。

 チーは面白がるように目を細めて、チラリとジークを見てからニヒルに笑う。

「そりゃあメルはジークの顔見てなかったからな」
「え、何かあったの?」
「さぁな」

 クックックと可笑しそうに笑ってチーはジークの肩に乗った。
 もちろんジークには見えていないから重さも感じていないだろう。

 それよりもチーの言葉が気になる。
 チーから見たジークはどうだったのだろうか。そもそも、チーは知っているのだろうか。

 ジークの好きな相手が誰なのかを。

「チーくんはさ、その……知ってるの?」

 それだけで、チーはメルティアの言いたいことがわかったようで、ニタリと妖しく笑った。

「さぁ? どうだろうな?」
「……いじわる」

 メルティアはむっと顔の中心にしわを集めた。

「そういうのはあれだろ? プライベートってやつさ。オイラにも言えないことがあるってわけよ」
「前は教えてくれたのに……」

 ジークの結婚という情報は教えてくれたのに気まぐれな妖精だ。

 ふてくされて視線を動かすと、パッとジークと目が合う。
 メルティアはドキリとした。

 今の会話は聞かれても大丈夫なものだっただろうか?

 何か言われるかとドキドキ身構えるが、ジークはふとメルティアの頭越しに窓の外を見て「そろそろ着きますよ」と言った。

 しばらくすると、ジークの言う通り馬車が停まった。
 どうやら目的の休憩地点に着いたようだ。

 先にジークが降りて周囲を確認し、メルティアに手を差し出す。
 メルティアは大きな手に自分の手を重ねて、ゆっくり馬車から降りた。

 そして、すぐ目の前にある大きなログハウスに興味が引かれる。

 深い茶色の丸太を使用した外観と、周囲には色とりどりの花たち。綺麗に陳列して咲き誇っている。
 そして、空を突くように飛び出ている茶色の煙突からは、白い煙が立ち上り、風に乗って香ばしい香りが漂ってきた。

 メルティアは鼻を動かして匂いを嗅いで、未知の体験に瞳を輝かせる。

「街の外にはこんな素敵なお店があるんだね」
「俺たちがよく行く街は一応王都ですからね。交通の関係でこの辺りの店は繁盛するそうですよ」

 メルティアたちの馬車を囲んでいた護衛兵たちも、馬を繋いで戻ってくる。
 この店の利用客は多いのか、あちこちに馬車が停まっていた。

「空いてるかな?」
「おそらくは。急だったため事前連絡などはしていませんが……大丈夫でしょう」

ホーム画面登録で更新情報をアプリのように通知できるようになりました!プッシュ通知を有効化をご利用ください。 有効化する いいえ